Exweb TOP グラビア

ファン投票で候補生決定!「第3回AKB48グループドラフト会議」開催

もっと画像を見る

 2015年5月以来の開催となった「第3回AKB48グループドラフト会議」が、今月21日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた。

 前回、前々回はAKBグループメンバーが選んでいたが、今回はファンの投票で指名候補生を決定する方式に変更。AKBグループの総監督である横山由依が「AKB48グループの飛躍を後押ししてくれるようなメンバーを選んでいただきたい」と高らかに宣言し、その幕を開けた。

 オーディションを勝ち残り念願のドラフト候補生として参加した68名は、まず『会いたかった』『RIVER』をパフォーマンス。次に6グループに分かれて『#好きなんだ』『意外にマンゴー』などの楽曲で、今までのレッスンで培った成果を一生懸命にアピールした。

 投票を迎えると会場の緊張感は一気に高まり、涙をこらえきれない候補生も現れるほど。指名の発表がされるたびに大きな歓声に包まれていくなか、ドラフトの名物となってきた重複指名による抽選が行われると興奮は最高潮へ。2度に渡り抽選を制して交渉権を獲得したSTU48のキャプテン岡田奈々は「(交渉権を得た候補生が)全員瀬戸内出身でありがたいです。一緒に頑張りたい」とコメントし、その劇的な展開を締めくくった。

 終わってみれば55名もの候補生が指名を受けることになった今回のドラフト会議。イベントの最後には、指名を受けた候補生とメンバーが舞台上で共にパフォーマンスし、感動のフィナーレを迎えた。フレッシュなメンバーを迎え、各チームがどんな輝きを見せていくのかが非常に楽しみだ。

2018年2月号

★EX大衆2月号では、ドラフト候補生のレッスンに密着した記事を掲載!
購入はこちら

 新潟を拠点とするAKB48の姉妹グループ・NGT48が、2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』のリリースを控えた今月2日と3日、富山県や地元の新潟県で大々的なプロモーションを敢行。新曲のアピ…

EX大衆 最新号


EX大衆最新号
Copyright(C) EXweb Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.