エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

結婚宣言の須藤凜々花、投票呼びかけは「アイドルとして大事な仕事」

 9月14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、元NMB48の須藤凜々花が(20)が出演。ファンを騒然とさせた結婚宣言について明かし、ダウンタウンの松本人志(54)と浜田雅功(54)を驚かせる場面が見られた。

 須藤は6月17日に行われた第9回AKB48選抜総選挙で結婚を宣言し、8月30日にNMB48を卒業。今回がグループ卒業後、初のテレビ出演となる。浜田から、「交際相手は病院勤務でバンド経験のある爽やかな一般男性。家賃6万円のアパートに住む20代半ば」という、宣言後の報道内容について確認されると、須藤は「報道されたことは、バンドマンということ以外、正解です」と認めた。

 さらに、浜田が出会いについて問うと「母親の誕生日パーティみたいなところで出会って、一目惚れして」「私が一方的に好きになって、そのときは何もなく連絡先も交換せずに」「AKBは“片想いはOK”ってことになっていたので。そっからずっと好きで、毎日、相性占いしたり」と、1年間思い続けていたと告白。続けて「出会って1年してから、連絡先を交換して、いろいろ会ったり、ドライブしたりして」と、こっそり交際していたことを明かすと、浜田が「その間、ファンはずっとお前を応援してたんや」と厳しい指摘をして、須藤は「はい、すみません」と素直に謝罪した。

 また、総選挙の投票前に宣言する考えはなかったのかと問われると、須藤は「考えていました」と回答。そして「アイドルとしても、自分の恋も両方諦められなくて。両方頑張ろうと決めたので、アイドルとして選挙に出るのは大事なことだと思ったので」と説明し、「“投票してください”って言うことも、アイドルとしては大事な仕事で、やっぱ営業じゃないですか」と総選挙時の思いを明かすと、この発言に「営業!?」「言葉悪いな」と、浜田らから厳しいツッコミを浴びていた。

■アイドルは辞めて、今後はタレントとして

 それでも須藤は「NMBが大好きで、NMBって総選挙に弱いってすごい言われていたので、“今年こそ私が”って思って。総選挙で順位を上げて、絶対に話題をかっさらうぞって思っていたんですけど」と釈明したのだが、すぐに「ちょっと違う意味で(話題になってしまった)……」と続け、出演者たちを苦笑させていた。

 さらに浜田から「ほんまに結婚するの?」と確認されると、須藤は「はい、結婚します」とキッパリ。「卒業して、この間久しぶりに会って。2人で(結婚の)日は決めました」「昨日決めて、今日、事務所で会議します」と説明。また、留学については「昔から言っていたのが、今さら切り取られて。すぐ行くとかなってたんですけど、あれは全然」決まっていないと語り、今後の芸能活動については「アイドルは辞めます。タレントとして芸能界に残ります」と明かしていた。

「本番中も浜田たちから厳しくツッコまれていた須藤ですが、ネット上でも、“テレビ出るのもこれで最後にして”“ここまで華麗にオタ切りされるとは思わなかった”など、ファンから厳しいコメントが寄せられていました。それもあってか、須藤は9月16日に自身のツイッターで“私は極悪人です。私は悪いアイドルでしたが、他のメンバーは違います”と、発言や行為を謝罪する投稿をしました。今後を見守りたいですね」(芸能誌記者)――頑張って!

 10月28日、中国の巨匠チェン・カイコー監督(64)がメガホンを取る日中合作映画『空海 KU-KAI』(2018年公開予定)の製作報告会見が、東京で行われました。主演は俳優の染谷将太(24)で、主…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.