エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

嵐・相葉雅紀、メンバーに暴露された「超天然発言」

[ブリュレ]

 嵐メンバーの中で、CMの出演本数が一番多いのは相葉雅紀だ。テレビのレギュラー番組『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)では無邪気に動物とたわむれ、ロケ番組の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)では、地元の人たちと気さくに交流している。こうした番組でのイメージが、CM起用にもつながっているのではないだろうか。

 そんな相葉は、嵐きっての“天然キャラ”だ。ジャニーズJr.だった10代の頃から、その性格はほぼ変わらない。メンバーの櫻井翔、松本潤、大野智、二宮和也以外に相葉と仲が良いのは、同世代の風間俊介、関ジャニ∞横山裕らだ。横山とはJr.の頃から仲が良く、最近でも多いときは週2ペースで食事に行くことそうだ。

 メンバーの二宮も、Jr.時代、相葉と同じ総武線沿線に住んでいたため、レッスンにもよく一緒に通っていた。そのため、昔から相葉の“天然”ぶりを目のあたりにしてきたという。

 大人になってからも、その天然ぶりは相変わらずのようだ。ある日の控室で、櫻井が新聞を読みながら弁当を食べていた。それを見た二宮は、隣にいた相葉に「翔さんは新聞見ながらごはん食べて、二つのことを同時にやるってすごいよね。相葉さん、できないじゃん? なんでできないんだろうね?」と言って、しつこくイジった。すると、相葉は「俺だってね、“新聞”食べながら“ごはん”くらい読めるよ!!」と怒ったのだという。

 今年12月には35歳になる相葉雅紀。アラフォーになっても、今の天然ぶりを失わず、天真爛漫な“相葉ちゃん”のままでいてほしいものだ。

 今年、48歳を迎えるテレビ美女2人に、人生の転機が訪れている。一人は、NHKの有働由美子アナ、もう一人は、女優・石田ゆり子だ。 「有働アナは、2015年まで4年連続で務めてきた紅白歌合戦の総合司会…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.