エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

泣ける『ドラえもん』 知る人ぞ知る珠玉の「感動回」

 もはや説明不要の国民的アニメ『ドラえもん』。テレビ朝日系で放送を開始してから39年目を迎えた長寿アニメで、親子で視聴している人も多いのではないだろうか。子ども向けだと侮って見ていると、大人もジーンとしてしまうような感動的な話もあるので油断できないアニメだ。特に劇場版大長編『ドラえもん』と同時上映された「おばあちゃんの思い出」や「のび太の結婚前夜」などは、『ドラえもん』の感動的なエピソードとして有名だ。しかし、それ以外にも“隠れた感動回”が存在する。

 最初に紹介するのは、「赤いクツの思い出」というもので、藤子・F・不二雄氏による原作のてんとう虫コミック6巻に収録されており、2007年にも再アニメ化されているエピソードだ。

 部屋の片づけをしていたのび太は、薄汚れた小さな「赤いクツ」を見つける。それはのび太が幼稚園の頃、よく遊んでいた“ノンちゃん”という隣に住んでいた女の子のものだった。当時、のび太とノンちゃんは“おままごと”をして遊んでいたが、そのことをジャイアンとスネ夫にからかわれてしまう。必死に反論するのび太は、つい勢いで「ノンちゃんなんか嫌いだ」と言ってしまい、ノンちゃんの赤いクツを持ち去ってしまった。

 その後、のび太は何度もノンちゃんに謝ろうと思ったが、なかなか勇気が出せず一週間が過ぎてしまう。そしてある日、のび太が幼稚園から帰ってくると、ノンちゃんの一家が海外に引っ越したことを知らされるのだった。

 そんなのび太の悲しい思い出を聞いたドラえもんは、タイムマシンで過去に戻り、クツを返すことを提案した。引っ越しの当日に戻ったのび太は、ノンちゃんがずっとのび太の帰宅を待ち続けていた事実を知る。しかし、このままでは幼稚園にいるのび太は、ノンちゃんの出発時間に間に合わない。そこで現代から来たのび太は、“タイムふろしき”で幼稚園児の姿になり、ノンちゃんにクツを返して、無事謝罪することができた。

 車中でのび太に返してもらった赤いクツが異様に古ぼけていることを母に指摘されたノンちゃんは、「でもいいや!」とつぶやく。それはお別れ前にきちんとのび太と仲直りできた、ノンちゃんのうれしい気持ちが伝わってくるようなひと言だった。

次ページ >> もう一つは犬と飼い主の人気エピソード

 5月30日、W不倫を描いたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の第7話が放送された。この中での仲里依紗(27)の演技が、視聴者を震えあがらせたようだ。  このドラマで仲里依紗が演じているの…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.