エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

『DESIRE-情熱-』が2位! 一番好きな「中森明菜のシングル曲」ランキング

 1982年に『スローモーション』でデビューを果たして以来、またたく間にトップアイドルに上りつめた歌手の中森明菜(52)。2010年に体調不良により芸能活動の無期限休止を発表したが、14年の『NHK紅白歌合戦』(NHK)に“スペシャルゲスト”として出演。昨年はディナーショーを開催し、ついに7年ぶりのステージ復帰を果たして往年のファンを喜ばせた。そこで今回は、彼女の全盛期ともいえる1980年代に発売された「中森明菜のシングル曲の中で一番好きな曲」を、40~50代の男女200人にリサーチしてみた。

 第5位(8%)に選ばれたのは『難破船』。87年9月に発売された19枚目のシングルで、作詞、作曲は加藤登紀子(73)によるもの。もともと加藤自身がリリースした曲だったが、「あなた(中森)が歌ったほうがいい」と加藤が熱望し、この曲を贈ったという逸話がある。この曲は歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で5週連続1位を記録し、この年の『NHK紅白歌合戦』でも披露。悲壮感が漂う失恋ソングながら、壮大なスケールを感じさせる同曲を、当時22歳だった中森が抜群の歌唱力と表現力で歌い上げ、世間を驚かせた。

 続いては、同率(8.5%)で『セカンド・ラブ』と『飾りじゃないのよ涙は』の2曲が3位にランクイン。『セカンド・ラブ』は、82年の11月に発売された3枚目のシングル。作詞、作曲は、来生えつこ氏(69)、来生たかお(66)の姉弟が担当した。売上枚数は77万枚を超え、中森のシングルの中で、最大の売上枚数を記録している。繊細な歌詞とメロディが特長のバラード曲で、中森自身もこの楽曲には思い入れが深かったようだ。

 第3位のもう一曲は『飾りじゃないのよ涙は』。84年11月にリリースされた10枚目のシングルで、作詞と作曲は井上陽水(68)によるもの。中森にとって、アイドルからシンガーへの分岐点となったともいわれている曲で、売上枚数は62万枚を記録。ダンサブルな曲調と独特の歌詞がとてもマッチしており、“歌姫”と称された中森を象徴する楽曲の一つとなっている。

次ページ >> 上位にランクインしたのは“中森明菜らしい”あの名曲!

銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていたことを理由に一旦内定を取り消され、その後訴訟を起こして日本テレビに入社した笹崎里菜アナウンサーが6月3日放送の「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」(日…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.