エンタメ大衆TOP 女子アナ

水卜麻美アナ、後輩・尾崎里紗アナの裏切りにも余裕の笑顔!?

 5月12日、日テレ系30局の女子アナウンサー67名が大集結した特別番組『金曜ロードSHOW! 全国好きなアナウンサー嫌いなアナウンサー大賞2017』(日本テレビ系)が放送された。この番組での注目は、投票により決定される、“アナウンサーが選ぶ 憧れのアナウンサーBEST5”。その結果は以下の通りだった。

 1位=日本テレビ・水卜麻美アナ(30)/2位=日本テレビ・藤井貴彦アナ(45)/3位=日本テレビ・豊田順子アナ(51)/4位=フリー・高島彩アナ(38)/5位=日本テレビ・鈴江奈々アナ(36)

 スタジオにいる女子アナたちに投票理由を聞くと、読売テレビの林マオアナ(32)は、5位の鈴江アナに投票しており、「笑ったときにできる目のシワがすごくステキ。私もあんなシワが作りたい」と胸の内を熱く語っていた。4位の高島アナに投票した、テレビ大分の御手洗慶子アナ(30)は「ゆずさんの生歌がいつでも聞けるっていうのが羨ましい」とコメントし、投票理由が高島アナの夫である、ゆずの北川悠仁(40)にフォーカスしたものだったことが明らかに。これにはくりぃむしちゅーの上田晋也(47)から、「ただのゆずファンじゃん」とツッコミが入っていた。また、3位の豊田アナに投票した、四国放送の中山千桂子アナ(45)は、「カッコいい! 画面に映ったときにインパクトがある」とコメントしていた。

 そして、1位に輝いたのが水卜アナ。彼女に投票した、山口放送の中村衣里アナ(28)は「水卜さんのナレーションを尊敬している。“誰が読んでいるのか分からなかった”と言われるのがナレーションでの最高の褒め言葉だと思っていて、“これは水卜さんが読んでるんだ!”と知ったときに、いつもすごいと思う」と、その投票理由を口にしていた。

 ちなみに水卜アナの後輩である、日本テレビの尾崎里紗アナ(24)は、4位の高島アナに投票。「アナになろうと思ったきっかけは高島アナなので、そこはブレずにずっと今でも永遠の憧れです」とコメントしたところ、上田に「あれ、ミトちゃんじゃないのか?」とツッコまれてしまい、「えっと……うん」と、思わず挙動不審になってしまった。しかし、「うん」と結局は認めてしまうところから、ブレない強さが確認できた。

 そんな後輩の態度にも、笑顔でリアクションしていた水卜アナ。このあたりの親しみやすさと、バラエティ番組に不可欠な度量の深さも、水卜アナが憧れられる要因なのだろう。(寺西ジャジューカ)

殺人鬼・カラ役の菜々緒(27)の演技が高い評価を受けている、現在放送中の連続TVドラマ『サイレーン』(関西テレビ・フジテレビ系)。11月3日に第3話が放送されると、菜々緒の演技があまりに真に迫ってい…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.