エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

土屋太鳳『orange』ロケ地で作品愛を語り、原作ファン歓喜!

 女優の土屋太鳳(22)が、自身のインスタグラムで2015年の主演映画『orange-オレンジ-』への想いを語り、同作のファンを喜ばせた。

『orange』は、高野苺氏による同名コミックを原作とした映画で、土屋と山崎賢人(22)の二人が主演を務めた青春純愛ストーリー。4月17日に、土屋は「今日行った場所は… 桜・桜・桜の弘法山でした」というコメントつきで、一面の桜と自分の顔が写った自撮りの写真を投稿した。

 弘法山は、長野県松本市にある、『orange』のロケ地ともなった場所。土屋は、続けて「私はあたらめて『orange』という物語の正体を感じたような気がします」「ずっと引っかかっていた『私の心の中で、心からの笑顔を見せるようで見せなかった菜穂ちゃん』が、今日やっと心を溶かして笑ってくれたように感じました。うまく言えないけれど… 思いきって行って良かった」と、コメントに作品についての想いをつづった。

 ロケ地まで足を運び、作品への思い入れを見せた土屋に、原作ファンは感激したようだ。インスタグラムのコメント欄には「太鳳ちゃんが『orange』を思い出して、忙しいはずなのに弘法山に行ってくれるところ……ほんっまに尊敬します」「太鳳ちゃんがorange大切にしてくれてうれしい」「作品を忘れずにいてくれることも、真剣に全力で向き合う姿勢もとても素敵」といったコメントが寄せられた。

「土屋は、旅が好きで、ロケ地にもよく遊びに行くそうです。特に『orange』は、土屋が朝ドラ『まれ』(NHK)でブレイクを果たした後、初めての主演映画でもありましたし、思い入れがあるのでしょうね」(アイドル誌ライター)

 土屋太鳳の作品愛は、原作ファンからも信頼されているようだ。

※画像は土屋太鳳のツイッターアカウント『taotsuchiya_official』より

毎年多くのAV女優を輩出する芸能界。昨年、本誌は、今をときめく国民的アイドルグループの元メンバーで、昨年12月にAVデビューした城田理加の名を大的中させた。 アダルト業界に深く入り込んでいる本誌だけ…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.