エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

笑点メンバーの意外な一面も!? 泰葉の「落語界&芸能界」ぶっちゃけ話

[週刊大衆2017年03月27日号]

もっと画像を見る

 “爆笑王”として知られる初代林家三平(1925~1980)は、4人の子どもをのこした。長女・海老名美どり、次女・泰葉、長男・九代目林家正蔵、次男・二代目林家三平。錚々たる芸能一家の中でも、父の才能を最も色濃く受け継いだ、と評されるのが泰葉だ。

 88年に春風亭小朝と結婚し、07年に離婚。それから雌伏の時を経て表舞台に帰ってきた泰葉が、父の思い出、日本の芸能界、さらに弟が出演するあの国民的番組まで語りまくる!

「あの節は、ほんとにお騒がせいたしました。今日はお手柔らかに……」

――インタビュー場所に現れた泰葉の髪の色は、鮮やかな金色だった。07年11月、19年連れ添った春風亭小朝と離婚した泰葉から飛び出した“金髪豚野郎”発言は、日本芸能史に今も燦然と輝いている。

「あたしも、あれは流行語大賞獲れるんじゃないかと思ってました。愛され続けて、あんまりみんなに言われるもんだから、自分でやっちゃえ、と。今日は“金髪豚娘”でお願いします」

――そう笑う彼女は現在、シンガーソングライター、タレント、プロデューサー、そして会社経営者と多彩な肩書を持つ。

「すごく忙しいですけど、双極性障害をやりましたんで、お医者さんに言われて、生活はいたって規則正しいです。朝7時に起きて、夜、寝るのはだいたい酔っ払って23時。フランク・シナトラを聴きながら飲むんです。ビールとワインと……でも、シャンパンが一番好き。なぜかって言うと、父が林家シャンパーン。ここ、(笑)って、入れておいてくださいね。弟も林家シャンパーン(笑)ですから、シャンパンが一番好きです」

――父・初代林家三平は、子どもたちに英才教育を施した。

「教育が非常に厳しかったんです。芸に関しては、3歳くらいから歌、ピアノ、バレエ、日舞、三味線、長唄を習い始めたんです。幼稚園の頃から。それで、うちはお客様が多くて。パパが本当の超一流の方と銀座のクラブ活動をして、三平師匠の家に寄ろうってことで、当時いらしてたのが、石原裕次郎さん、サントリーの会長、それから、ソニーの会長でした。

 そうしたお客様が遊びに来てくれると、父が“歌いなさい、何か披露しなさい、日舞でもいいから”って。私、ちっちゃい頃から稽古の鬼で腕には覚えありなんですけど、時間が23時とかで眠い。起こされて、やだなぁとか思って」

次ページ >> 舞台であがったことありません。パパのおかげです

 教養バラエティ番組『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)のMCを務める林修(50)が、その立場を利用して、自身の大好きな美少女アイドルをゲストに呼んだのではないかと波紋を呼んでいる。同番組では、林先…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.