エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

アンジャッシュ渡部建『王様のブランチ』新MC起用に、谷原章介ファンが不満?

 4月から情報番組『王様のブランチ』(TBS系)の新MCに就任することになったアンジャッシュの渡部建(44)に、番組ファンはガッカリしているようだ。

『王様のブランチ』は放送開始から22年目を迎える人気番組。特に現在二代目MCとして活躍している谷原章介(44)はその爽やかなルックスと博識さ、そして心地よい“イケメンボイス”で多くの女性ファンからの支持を集めていた。そのため先日、3月いっぱいでの番組卒業が発表された際には、悲しみのコメントがネットに数多く上がった。

「谷原さんは番組を卒業する理由として、“10代後半から20代後半の方たちがメインの番組なので、自分の役割が終わりに近いことを感じていました”とコメントしています。早くも“谷原ロス”を嘆く人はいますが、卒業理由が“年齢的なもの”ということで、ファンは納得していたようです。しかし、1月23日に新MCとして発表された渡部さんは谷原さんと同い年ですから、“まったく若返っていない!”と起用に疑問を抱く視聴者もいるようですね」(女性誌ライター)

 世間の反応を見ても、「せめて若返らせてくれれば谷原さんの降板にも納得がいったんだけど」「谷原さんの後に渡部だとさすがにもの足りない」「全然爽やかじゃないし、せめて俳優さんが良かった」といったコメントが上がっており、やはり渡部のMC就任には不満のようだ。

「番組プロデューサーは渡部の起用理由として、グルメや音楽、スポーツといったさまざまなジャンルに精通していることを挙げています。渡部は博識キャラが確立されてますが、同じぐらい“いじられキャラ”としての魅力もありますよね。番組でブランチリポーターたちにいじられるようなMCになれば、谷原さん時代とは違った面白さを見ることができそうです」(テレビ誌ライター)

 渡部建はこれまで数々の番組で司会をこなし、現在も『Love music』(フジテレビ系)や『東京EXTRA』(TBS系)といった番組のMCを務めている。そのMC力で“谷原ロス”の視聴者をどこまで納得させられるのか、期待が高まる。

2018年に開催されるロシアW杯の出場権をかけたアジア地区2次予選が、6月16日から始まる。 「全8試合を戦って、1位なら最終予選へ進出でき、2位でも成績次第で先に進めます」(スポーツ紙記者) その…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.