エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

星野源、2017年の抱負は「無理せず」でファン一安心

 歌手で俳優の星野源(35)が、1月2日に放送されたラジオ『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、2017年の目標は「無理せず、楽しく仕事をすること」と語った。2016年放送の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で一躍人気者となった星野だが、多忙を極める中でのこの発言は、ファンを安心させたようだ。

 音楽番組『CDTV』(TBS系)で、「無理をしない」という今年の目標を掲げていた星野。ラジオでリスナーからそのことについて質問されると、「仕事好きでですね、楽しくてですね、気がつくといっぱい仕事しちゃってるというか」「事務所の方とかが気を使ってくれて、すごく減らしてくれてるんだけど、それでも多めになっちゃうときがあるので」とコメント。最後には「それでも、仕事していたほうが精神的にも体調的にも良い部分は絶対にあると思うので。無理せず、楽しくお仕事していきたいな、という感じですかね」と締めた。

 この星野の言葉に、ファンは「仕事好きってめっちゃ尊敬する!」「好きなことは仕事って言える星野さんやっぱり素敵だなって思う」「大変なこといっぱい経験したからこその言葉だと思うから本当にすごい!」と称賛。また、「昨年は出まくりだったから少しゆっくりでいいよ~!」「本当に無理しないでくれたらうれしい」と星野の多忙さを心配している人も多かったようだ。

「俳優、ミュージシャン、そして文筆家としても活躍する星野さんは、2012年にくも膜下出血で活動休止。2013年に復帰しますが、同年再発しています。昨年も体調不良によって9月に『星野源のオールナイトニッポン』、11月に『ベストアーティスト2016』(日本テレビ系)を欠席するなど、これまで体調を崩すことが多々ありました。今年は“無理せず”ということなので、星野さんの体を心配するファンは安心したんじゃないでしょうか」(芸能誌ライター)

 大ブレイクの一年となった2016年。今年はどんな活躍を見せてくれるのか、星野源を多くのファンが見守っているようだ。

 29歳のとき、くも膜下出血を発症して、生死の境をさまよった。その経験を漫画にしたのが、今回映画化してもらうことになった『くも漫。』です。  当時、小学校の臨時講師の仕事をしていたんですが、冬休みに…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.