エンタメ大衆TOP 芸能ニュース

『おんな城主 直虎』よりも波乱万丈!? 柴咲コウ「恋多き女」の恋愛遍歴

 2017年1月8日より始まる大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で主演を務める柴咲コウ(35)。ドラマで柴咲は、井伊家当主「井伊直盛」の一人娘として生まれながらも、「直虎」と名乗って戦国時代の乱世に立ち向かう役どころを演じる。そんな彼女も、恋愛面においては波乱が多い人物だ。

 柴咲の男性遍歴は、2002年に「DA PUMP」のISSA(38)との熱愛が報じられたことから始まる。SPEEDの上原多香子(33)やあびる優(30)、伊東美咲(39)など数々の女性たちと浮き名を流してきたモテ男であるISSAだが、後に「(柴咲と交際していた)このときに結婚しておけばよかった」と語るほど柴咲のことが好きだったという。この発言が飛び出したのは、2016年にISSAがゲスト出演した『マヨなか芸人』(読売テレビ)でのこと。さらに「本当に素晴らしい人間で」と柴咲をべた褒めするなど、ISSAの告白はネットでも話題となった。

 ISSAとの破局後、2004年にドラマ『オレンジデイズ』(TBS系)で共演した妻夫木聡(36)との交際がスタートした。ドラマでカップル役を演じたため、二人の熱愛にファンも大喜び。熱愛が報道された当時、“お似合いカップル”といわれた二人の交際は、約3年半続いた。温泉へお忍びのお泊りデートする姿や、深夜に二人で歩く姿なども目撃されており、結婚間近とも報道されていたが、破局を迎えてしまう。残念ながらドラマのようなハッピーエンドとはいかなかったようだ。

 その妻夫木との破局の原因になったといわれているのが、ロックバンド「UVER world」のボーカル、TAKUYA∞(37)だ。柴咲はアーティストとしても活動しており、同じアーティストとしてTAKUYA∞と意気投合したようだ。まだ妻夫木と交際していた2008年に、柴咲の自宅にTAKUYA∞が3連泊したことが報じられ、二人の交際が明るみに。これが原因で妻夫木と破局するに至ったという。その後もクリスマスのイルミネーションの下で仲むつまじく歩いている様子などがスクープされていたが、2010年にTAKUYA∞とも終わりを迎える。

 そして同年、今度は嵐の松本潤(33)と密会しているところを『女性セブン』(小学館)にキャッチされる。都内のダイニングバーで食事を楽しみ、その後別々のタクシーで松本の自宅マンションに向かったという。この記事以外に、二人の熱愛が報道されることはなかったが、ここから柴咲とジャニーズタレントとの熱愛報道は続き、TOKIOの長瀬智也(38)、V6の三宅健(37)との関係も噂された。しかし、松本同様どちらもその後進展はなかったようで、事実かどうかは定かではない。

 その次に恋人として報じられたのが、元プロサッカー選手の中田英寿(39)だ。2014年に『スポーツ報知』で真剣交際がスクープされ、ビックカップル誕生と世間でも話題になった。元々友人だったという二人だが、2013年の秋に急接近。京都祇園の料亭で食事をする姿や、フランスのパリで行われた「ルイ・ヴィトン」のファッションショーに二人で出席する姿も目撃されている。

 そして2016年7月、今度はブランド和牛を手がける実業家との熱愛が発覚した。柴咲の事務所と、男性が経営する会社は「プライベートは本人に任せています」と発表し、二人の交際については否定せず、事実上認めるかたちになった。しかし、熱愛が発覚した翌月には破局。あまりのスピード破局に、驚きを隠せないファンも多かったようだ。

 現在は1年間以上にわたる大河ドラマのハードな撮影に大忙しで、恋愛するヒマはあまりないだろう。だが、そこは恋多き人生を歩んできた柴咲コウ。大河ドラマ終了後に共演者と熱愛……という展開もありうる話。2017年は、柴咲演じる「直虎」の姿にくぎづけになりそうだ。

 現在放送中のドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の連動ドラマ『東京ダラダラ娘』が、「本編よりも共感できる」と話題となっている。  毎週水曜日のドラマ放送後、動画配信サービス「Hulu」で公開さ…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.