エンタメ大衆TOP

サラリーマン300人調査 美女優「揉みたいおっぱい」ランキング vol.2

[週刊大衆10月21日号]

黒木瞳は"締まり"もいい!?

6位の長澤まさみには、「映画『モテキ』みたいに、Tシャツの上から巨乳をムギュ~ッと掴んでみたいね」(41=会社員)


7位のトリンドル玲奈、10位のローラなど、ハーフ系美女のおっぱいにも、新橋のサラリーマンは興味津々であることが判明。
「お人形さんみたいなトリちゃんの乳首は、きっと真ピンク。おっぱいにソバカスが浮いていそうなのもソソられます」(40代=建設会社勤務)

「ローラって意外にデカパイなので、揉み応えがありそう」(33=会社員)


推定Gカップといわれる巨乳の持ち主、真木よう子は8位。
映画『ベロニカは死ぬことにした』で全裸になり、ナマ乳を公開した実績がある彼女には、「細身なのにムチャクチャでかいあのおっぱいは、けしからんのひと言。揉むというより、お仕置きに乳房を荒縄でグルグル巻きにしてやりたいね。ガハハ」(51=会社員)


この日のJR新橋駅前の通称"SL広場"は、週末とあって、平日の夜よりもハイテンション。
酔眼朦朧としたお父サンもいれば、陽気な酔っ払いもいる。
ランキング11位以下の美女優に対する思い入れの強さは、ベストテンを上回るものがあった。

13位・黒木瞳には、アンチ巨乳派の支持が集中。
「胸はデカけりゃいいってもんじゃない。手のひらサイズのお乳を愛でるのは男子の本懐。よって、黒木瞳に1票!」(50代の会社員)

「乳の小さい女は締まりがエエんだす。これ、ホンマの話でっせ」(60代の会社役員)


だが、一方では、87センチGカップの篠崎愛が13位に入っているほか、19位の鈴木ちなみ&原幹恵など、おっぱい自慢のグラビアアイドルがランクインしているから面白い。
「やっぱり揉むなら、ある程度の大きさが欲しいからね。エヘヘ」(47=会社員)というのがその理由のようだ。

10月16日公開のvol.3に続く・・・。

NHK DVD ママさんバレーでつかまえて

黒木瞳が「ひとまわり年上のラブラブ新妻」役に挑むまったく新しいシチュエーションコメディー

 6月28日放送の『愛され女と独身有田』(TBS系)に、フリーの亀井京子アナ(33)が出演。2007年にプロ野球選手の林昌範(32)と結婚した亀井アナが、実際に活用し、アスリートを射止めることに成功…
Copyright(C) エンタメ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.